ドイツとアイルランドに行きたい理由をぶっちゃけてみる

こんにちは、エリティです(・∀・)

2021年8月にドイツ&アイルランドに行くエリティです。

いろいろと感染症のことが取り沙汰されていますが、いつでも行けるように目下準備中です。

今のところ、語学留学という名目で行きます。

今日はその目的について。

きっかけ

はじまりは2019年。「自分が80歳になった時に、やっとけばよかったって思うことって?」を考えたことでした。

昔からの夢のひとつに「海外留学をする」ということがありました。

よし、じゃあやるか!

これまで「自分がなるべき職業はコレしかないから…」と省エネ一辺倒で、かつ、諦め上等だった自分を破った瞬間です。

行くことは決めたけど、自分はどう居たくて、どう過ごしたいんだろう、何がしたいんだろう?

まずひとつめに浮かんだのが、「使える英語を習得する」。

でも、英語を習得して何がしたいんだろう? 大体、私は何が好きで、何が嫌いなんだろう?

…自問する日が続きました。

これはまさしく、これまで「省エネ」のために省いてきた「自分本来の感覚」を回収する作業でした。

その中で、自分は妖精や妖怪、その類が好きということを思い出しました。

妖精といえばアイルランドではないか!?と妙にソワソワして、もう一度伝説を読み直しました。

アイリッシュパブに行って音楽を聴いてみたり、伝説の世界にどっぷりと浸かっていました。

目指せ妖精塚」。

事件はヨーロッパのロックダウン中に

アイルランドに行くと決めてからは、情報を集めてまわり、語学学校のことを調べたり、行ってみたい場所や食べたいもの、会いたい人(バラッカー元首相含む)をリストにしたりしました。

SNSでアイルランドに関連ある方々を中心に、いろんな国のいろんな人と、つながりました。

そうやって、交流の輪を広げて楽しんでいたら。ヨーロッパが一斉ロックダウン。

そんな中、友人が、「ヨーロッパに行くんだったら、ドイツの日本好きを紹介するよ」と、とあるドイツ人男性を紹介してくれました。

(コストコのくまさんみたいに大きいので、彼の名を「クマくん」としておきましょう。)

クマくんはロックダウン中でも割とポジティブに過ごしていました。

毎日メッセージをやりとりするようになって、時々video callをしたりして、意気投合しました。

というわけで

ヨーロッパに行く目的に、「クマくんに会う」が加わりました。

ドイツに行って、アイルランドに行く。

行きたい理由の中には、まだ言葉になっていないものや、これからまた加わってくるものも、たくさんあると思います。

どの理由も、同じく大事なものです。

数ヶ月後に変わるもの、変わらないもの。

それがなんなのか、ワクワクしながら、準備を進めています。

それでは、ここらで(・∀・)

Photo by Ava Sol on Unsplash