ニッパーを新調。ガンプラは楽しい!

こんにちは、エリティです(・∀・)

今日は、ガンプラ初心者の最近の気づきについて述べてまいります。

これまで作ったガンプラは、

キティガンダム キティシャア ベアッガイ(P) パラリンピック仕様ガンダム。

今、RX-78-2Gundam(HG)に着手したところであります。

それでは、最近のガンプラ的気づきをどうぞ!

環境整備するとより集中できる

これは日常の整理・収納を考える時と同じく、物品をどこにおいたら取り回しがいいかを考えてのセッティングです。

まずは、とっ散らかりやすいランナーたちを100均のブックスタンドに立てかけました。

ブックと書いてありますが、プラモ用じゃないかと思うくらいの幅です。ありがとうDAISO。

作製するときの説明書は、いつもはiPadが立てかけてあるスタンドをに置きました。

これだけで、ランナーのガチャガチャと説明書のバサバサが減って、集中しやすいです(・∀・)

それ以前に、ガンプラを作るときにはテーブル周りにバッグを置かないことも重要です。

一度、目の部分を落としてしまい、うっかり「顔なし」にしてしまうところでした…。

こうするとラクだった。

いいニッパーは気持ちいい!

これまで、Seriaで買ったプラモ用ニッパーを使っていたのですが…。

ガンプラマイスターのくまくんから送られてきた動画を見て、「今後、ゲート処理の精度を上げるのは必須である」と認識し、ニッパーの見直しを行ないました。

そして購入したのが…タミヤ クラフトツールシリーズ No.35 薄刃ニッパー 74035.

使いやすそうな神ヤスもつけておきました。

これまでの100均ニッパーと違ってふわっと切れるし、小回りも効く…。切っていて気持ちがいい。自然と「ゲート処理を丁寧にやろう」と思えます。

正直、ぶっ飛びました!…ニッパーの数や種類の多さにもぶっ飛んだけど。

ゲート処理について参考にしているのはこちら(→yzpハウスさんのブログ)。

ニッパーと神ヤスだよ!

タミヤ クラフトツールシリーズ No.35 薄刃ニッパー 74035

ゴッドハンド(GodHand) 神ヤス! 5mm厚 3種類セットB [600/#800/#1000] GH-KS5-A3B

撮影ボックスがあると盛り上がる

ガンプラを使った人形遊びも一興なので、お手軽な撮影ボックスを入手しました。

LED portable photo studioです。

ポーズや光の条件もまちまちなので比較し難いのですが、、圧倒的にボックスがあった方が撮影しやすいし綺麗に撮れました!(左:撮影ボックスじゃない方 右:撮影ボックス内)

ガンプラは楽しい

「RX-78-2Gundam(HG)を作る!」とくまくんに言ったとき、「初心者用の動画を見たかい?もし見ていなかったら、これとか見てみたら?(丁寧に作るんよ)」と言われて、3つほどYoutubeの動画を渡されました。英語とドイツ語…。

それを見ながら、大事なのは、速さではなくて「愛をこめて作る」のかあ…と解釈。

これまで、チャカチャカ作ってたところから、ひとつひとつ丁寧にやってみることにしました。

ニッパーを変えたこともあり、作っているときの幸福度はアップしました。

ちなみに、くまくんは ”DSPIAE ST-A Ultra-Thin Single Blade Nipper 3.0”という50ユーロ近くするニッパーを愛用しているとのことでした…。

そのほかにも見たことない道具がお道具箱からぞろぞろ…。ドイツ人はtoolが大好き…。

それでは、ここらで(・∀・)